妊娠中のボディケア

女性

妊娠線は、お腹が大きくなってくる妊娠4ヶ月頃から発生しやすくなります。予防するには肌の保湿が大切です。保湿には、なるべく低刺激で保湿力の高いクリームを選びましょう。妊娠中は匂いにも敏感になりますのでその点にも注意しましょう。

それぞれの好みで選ぶ

化粧品

妊娠線を予防するためには、妊娠線専用のオイルやクリームが効果的です。使い勝手や値段が異なりますし、人によって好みや、合う合わないものありますので、まずは実際に使ってみて比較してみることをおすすめします。

産後も綺麗なお腹を

カップル

クリーム選びのポイント

妊娠すると、体に段々と変化がみられます。中でも分かりやすいのが、お腹の大きさです。数週が経つにつれ、どんどんとお腹が大きくなり、妊娠している事の実感を深く感じるかもしれません。特に妊娠5ヶ月前後には悪阻が落ち着く妊婦も多く、それと同時に食欲も出始めて、余計にお腹が大きくなりがちです。そこで注意したいのが、妊娠線です。お腹が大きくなって赤ちゃんが成長していく事は、とても嬉しいことです。しかしここできちんとケアをしないと、一度出来てしまった妊娠線はなかなか消す事が難しいです。妊娠線のケアに必要不可欠なのは、クリームです。市販のクリームは色々なものがあるので、どれが良いのか迷いがちです。妊娠線予防のクリーム選びには、幾つかのポイントがあります。まずはじめに気をつけたい事として、低刺激なものを選ぶことです。特に妊娠している時期は、ホルモンバランスが乱れやすく、お肌が敏感になりがちです。香料やアルコール分が入っていないものや、無添加、自然由来のものを選んだ方が無難です。次に、高い保湿力のあるものを選ぶことです。乾燥は、妊娠線を作りやすくするので、とにかく保湿を心がけることです。保湿量の高い、セラミドやヒアルロン酸、シアバター、コラーゲンなどの成分が含まれているものがオススメです。また香りも、選ぶ際に気をつけた方が良いです。妊娠中は臭いに敏感になることが多く、妊娠前は好きだった香りも苦手になることがあります。無香料のものか、ラベンダーなどのリラックス効果のあるものも良いかもしれません。

しっかりケアしましょう

お腹

妊娠線は、一度できてしまうと消すことは困難です。急激にお腹が大きくなると、皮膚が断裂して妊娠線ができます。体重の増加を緩やかにしたり、専用のオイルやクリームをお腹に塗って、妊娠線を予防しましょう。保湿することで肌に弾力が生まれるので、毎日継続してケアを行いましょう。