しっかりケアしましょう

お腹

予防法を紹介します

妊娠したら気になることのひとつに、妊娠線があります。妊娠線とは、主に妊婦のおなかにできる線のことです。他にも、胸、太もも、お尻や二の腕などにできることがあります。皮膚が急激にのびることによって、真皮が裂けてしまい、その部分の毛細血管が透けて見えることで、肌に痕が残ったように見えてしまいます。妊娠線は一度できると、徐々に目立たなくはなりますが、産後も完全には消えることがありません。出産の勲章とも言えますが、痕が残ってしまうことを考えると、できるだけできないようにしたいものですね。体質もありますが、主に妊娠線ができやすいのは、以下のような人です。経産婦や、体重増加が多い人、多胎など、お腹が大きくなりやすい人は、よりお腹の皮が引っ張られるので、そうでない人と比べると妊娠線ができやすい傾向があります。また、高齢の人や乾燥肌の人は、皮膚の弾力が少なく、皮膚が延びにくい人が多いので、妊娠線もできやすくなります。小柄な人や痩せている人も、元々の皮膚の面積が少なく、肌がより引っ張られてしまうため、妊娠線ができやすくなります。さて、妊娠線の対策としては大きく2つあります。一つめは、体重のコントロールです。体重増加を緩やかにし、トータルの体重増加も基準内に納めることで、急激にお腹が大きくなりすぎるのを防げます。二つ目は、肌の保湿です。妊娠線の予防用に販売されているオイルやクリームを毎日塗ってマッサージすることで、肌を柔らかくして弾力が増し、引っ張られても裂けにくい肌をつくります。シャワー浴ではなく、しっかりと湯船に浸かることも効果的です。毎日、入浴後にはしっかりと保湿しましょう。妊娠線用のオイルやクリームは、一般的な保湿剤よりも伸びがよく、塗りやすいものが多いですし、保湿・美容成分も種類豊富でたっぷりと含まれています。自分の使いやすいものを選んで、継続して使うことで、しっかりと予防しましょう。