それぞれの好みで選ぶ

化粧品

使うと得られる効果

妊娠中にお腹が大きくなることによって起こる、皮膚トラブルの一種「妊娠線」は、一度できてしまうと、残念ながら治ることはないといわれています。ですから、妊娠線をケアするということは、「予防」するということに繋がるのです。また、正しい妊娠線ケアは、産後のファッションを楽しむために、妊娠線による痒みなどの皮膚トラブルを回避するためにも、妊娠中にやっておきたい大切なことのひとつといえます。まず、大きく分けて、妊娠線予防には、「オイル」と「クリーム」の二種類があります。オイルは伸びがよく、少量でケアできるので、コストパフォーマンスが高いといえます。一方、クリームは、保湿力が高く、塗りやすいのが特徴です。選ぶ際には、特につわりの時期から使用する場合、不快にならない香りのものを選ぶのがポイントのひとつです。アロマが配合されていたり、独特の匂いが残るものも多いので、リラックスできるものを選ぶと良いでしょう。また、妊娠線は、何よりも毎日ケアを続けることが大切なので、続けやすいものを選ぶというのもポイントのひとつです。例えば、値段があまりにも高すぎるものは、毎日使うのには経済的に負担がかかりすぎてしまいますし、使い勝手が悪いものを選んでしまっては、毎日のケアが面倒になってしまいます。妊娠線予防のためのオイルやクリームは、サンプルの申し込みができるものも多いので、まずは実際に使ってみて、比較して決めると安心です。